保険に対する独身男の考え方を定年元保険リーマン父に聞いてみた!ほとんど不要?

「ほとんどの保険は必要ない?」

保険に入っている人も多いかと思いますが、入らなくてもいい保険に入っている人も多数いるのではないでしょうか?

この記事ではそんな保険に対する考え方をまとめました。

「ついいろんな保険に入ってしまって、お金がなくなってしまっている・・・」なんてケースは少なくありません。

保険を上手に使いこなすために必要なこととはいったい何なのでしょうか?

目次

独身男に保険はほとんどいらない?

独身男に保険はほとんどいらない?

「保険料を無駄に取られている」なんていうことがネットでは言われています。

YouTuberで人気の両学長はこんな動画を出されていました。

だいぶ前の動画ですが、かなりの再生数になっています。

たくさん保険に入っている方はびっくりしたのではないでしょうか?

独身男に必要な保険はほぼない

基本的には結婚した後に、保険は必要になるとのこと。

独身の人は保険で備えるよりも、自力で備えた方がコスパが良くなる確率が高いです。

  1. 保険金を受け取れる確率
  2. 受け取れる額より多く保険料を払う確率

この2つを比べた時に、払う金額の方が多くなるというのが保険はそこまで必要ないという根拠。

もちろん明日病気になったり、事故になったりする確率もあるわけですが、確率的に払う金額が多くなりがちです。

保険は超ハイリスクなものに使う

保険は自分が倒れて、人生が詰んでしまう時の保険に限る方がいいようです。

  • 自分が倒れたら家族が路頭に迷うケース
  • 最悪の事態を想定したら、どうにもならないとわかったケース

独身の私が病気になっても、お金的にはなんとかなります。

なので、今は保険に積極的に入る理由はありませんね。

保険はコスパが悪い?保険に代わるお金はどこに置いておけばいいのか?

保険に入らないということは保険料が支払われないということです。

では、保険料の代わりとなるお金はどこに入れておけばいいのでしょうか?

そのあたりを父に聞いてみました。

保険より貯金がマシ?

よほどのことがない限り、貯金した方が資産的には増えます。

ただ、貯金の弱点は誘惑です。

  • 保険料分を使わずに貯めておけるか?
  • 浪費に使いすぎて、貧困にならないか?

この辺が難しいところですね。

浪費をどうしても抑えられない人は保険に入っておくのもありですが、トータルではマイナスのようです。

貯金よりも投資?

今はつみたてNISAやiDeCoなど、投資に関する制度も充実しています。

なので、投資を活用するのも手です。

つみたてNISAの場合は毎月引き落とされるので、貯金にあった誘惑も断ち切ることができます。

私は保険に入らず、つみたてNISAで資産を作っています。

保険料を多く払うのが嫌だからです。

・ほとんどの人が保険料の払い損をしている
・最近はつみたてNISAなどの投資聖堂が充実
・本当に保険にした方がいいのかは考え直す価値あり

まとめ:保険は払う金額の方が大きくなる可能性大!自分で貯蓄してコスパを上げる

まとめ:保険は払う金額の方が大きくなる可能性大!自分で貯蓄してコスパを上げる

保険に対する考え方はいろいろありますが、入りすぎると資産がなかなか増やせなくなってしまうのも事実です。

安く保険料を済ませて、貯金をしっかりしていくのもありなのではないでしょうか?

自分に合った保険をしっかり選んで、将来に備えていけたらいいですね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる